webコンサルティング

デザインがきれいなだけでは、売上につながりません。
集客したいなら、心理学をベースにした「人を動かす言葉」が必要です。

当社では、WEB制作、人を惹きつけるキャッチコピーや文章など、マーケティング全般でお手伝いします。
特にPCが苦手な方のために、マーケティング・集客に関わるすべてをバックアップしています。

※特に、著者、講師、サロンなど小規模ビジネスの集客アップの実績があります。

 

代表のメッセージ

講師で独立してからは、仕事が来ないで毎日悩んでいる状態でした。

その状況を打開するために、ホームページのキャッチコピー、文言、画像を、
毎日のように変えて、さまざまなテストをしました。

ついにWEB集客だけで、セミナーに数十人の申し込みが入り、DVDも売れ、出版の依頼まで来ました。
そこからは大きく更に飛躍できました。
現在では10冊以上の書籍を出版の予定です。

それもこれも、HPのおかげです。

それはある仕掛けをしたおかげです。

仕掛けをしたあとは、

・執筆の依頼が次々と入った。

・一部上場からの研修依頼が入る。

・週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、SPA、新聞など、マスコミからの依頼が殺到

など、これらは、ホームページだけから得られた結果です。

 

フェイスブック、アメブロ、メルマガとの連動も不可欠ですが、あくまで母船はホームページです。

WEBを充実されることが、これからの時代はとても大事です。

 

これからホームページを、と考えている方へアドバイス

 

「ホームページをこれから作りたい」
または、
「反応がないのでリニューアルしたい」

という方にアドバイスです。

以下のように、「友人に頼んで作る」、というのだけはやめたほうがいいです。

1,友人のデザイナーに頼む。または、デザイナーだけの会社に頼む。
デザイナーに任せてしまうと、

「デザインは素晴らしいのに、
アクセスがまったく上がらない、申し込みや問い合わせがゼロ」

というパターンが多いです。

なぜなら、デザイナーは、かっこ良く仕上げるのが仕事です。

ですから、集客のためを考えて、文言を差し込むよりも、文字数を減らしてデザインを優先します。
文字を読ませるよりも、かっこいい絵を見せらたいという心理が強いからです。

デザイン中心の売れないサイトの特徴として、
・ヘッダーには、社名だけ。キャッチコピーなどはなくすっきりしすぎ。
・メニューを英語で表記したり、英語をよく使います。
どれだけの人が一目で英語を読み取れるでしょうか?
・構造を司るhtmlなども考えない人も多いので、テキストが少なくて検索に引っかかない。

このように、見栄えはいいのに、「はりぼてホームページ」と言われるものが多くなります。

 

2,システムエンジニア(SE)の友人に頼む

元システムエンジニアが起業したHP会社や、友人にお願いすると、構造はしっかりしていても、デザインが最悪です。
デザイナーが超右脳型、芸術肌だとすると、SEの場合は 超左脳型。
色の基本など知りませんし、感性が違いますから、デザインが犠牲になります。

また、頭の良すぎる人が多いため、一般消費者にていねいに商品の良さを伝えるというのが不得意なのが特徴です。
モノを売られるのが嫌いな人が多いですから、ものを売るのも苦手です。
商品のスペック紹介だけ、というHPばかりになります。
人を動かす感情というものを理解していないと、あなたの商品の特徴を生かせず、価格競争に巻き込まれ、値段だけで判断するお客が多くなるHPとなります。

 

◆ベストなHP業者とは?

デザインがうまくて、構造もしっかりしたものなど、ひとりの人間ができるものではありません。
そして一番の問題は、物を売ったことがない人が、「売れるホームページ」を作ることはできません。
デザイナーやSEの方が作るホームページは、心を揺さぶらないのです。

そこで、プロデューサーの力が必要です。
・商品をどんな流れで売るのか  (戦略構築)
・どんなキャッチコピーで惹きつけるのか (ブランディング)
・アクセスをどのようにして増やすのか (アクセスアップ)
・狙ったキーワードで検索されたとき、上位のページに表示されるにはどうするのか(SEOといいます)
・どんな文言で来訪者の心を揺さぶるのか(セールスライティング)

こういったことは、セールスの経験がないと、なかなか身につかないものです。

そこで、デザイナー+SEに加えて、ブランディングを担当する人間が、分担して作成するのがベストです。
リフレームズのデザインは、デジタルハリウッドで教鞭を取るデザイナーと、
フェイスブック業界でNO1を争う、樺沢紫苑氏など フェイスブックでの大成功者のデザインを担当するデザイナーが担当します。
そして、有名検索ポータルサイトのSEを担当していたプログラマーが、システムを担当します。

さらに、総合プロデュースは、代表の松橋が行います。
卓越したヒアリング技術を使って、あなたが見過ごしている宝を発見します。
要望に合わせて心理学をベースにしたセールス文章など、売上に関するすべてのサポートを行います。

「それだと、大変な金額になっちゃうんだろうな。100万円とか払えない」

という方は、ご安心ください。
個人法人問わず、現状を打破するには、誰にプロデュースを依頼するかが大事なのです。

詳しくはこちらからどうぞ。

http://re-frames.com/hp/

 

 

 

 

 

松橋良紀 公式ブログ