営業で忘れてはいけない心構えとは?

営業というと、「情熱の仕事」「根性の仕事」
というイメージを持っている方が多いかもしれませんが、
私は営業は科学的な仕事だと思っています。

もっと言うならば、「確率」の仕事です。

成約を得るには、ある程度、「断られる数」が必要です。

 

電話アポイントの作業では、断られることは当たり前。

断られるたびに落ち込んでいては、営業は長続きしません。

むしろ、断られるたびに成約に近づいている、
という意識が大切です。

私も電話アポイントの営業を始めたころは、
タウンページをめくりながらひたすら電話しては、
断られ続けていました。

100件電話して、ようやく1件アポイントが取れるかどうかです。

ガチャ切りや、怒鳴られたり罵られたりしたこともしょっちゅです。

 

 

お客様に断られ続けていると、
モチベーションが下がります。

モチベーションが下がると、
電話の件数が減り、コンタクト数が減ります。

そうなると、成約も遠のいていきます。

このような悪循環に陥らないよう、
営業マンは断られることに過敏にならず、
コール数(接触回数)、
コンタクト数にこだわって営業をすることが大切です。

私の場合、電話営業をしていたときは、
コール数とコンタクト数を毎日メモをして、
一日決めた数をクリアすることを意識しました。

そして、決めた数をこなせたときは、
思いきり自分をほめるようにしました。

 

うまくいかないときも、
スランプのときも、
自分の決めた数だけはこなすようにしましょう。

必ず道は開けてきます。

関連記事

  1. 営業とはそもそもどんな仕事か?
  2. 松下幸之助が言う、商売の極意とは?
  3. 営業マンを売れなくしている思い込みとは?
  4. お客様との信頼関係を妨げるものとは?
  5. 売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ①
  6. 顧客から信頼される営業マンって?
  7. 断られることが恐怖に感じるときは?
  8. 営業を経験しておくと良い理由とは?
PAGE TOP