営業マンは沈黙を大事にしろ

営業が下手な営業マンは、
ついついしゃべり過ぎているという特徴があります。

お客様のニーズの確認もせずに、
自分の商品の話ばかりしてしまうのです。

 

お客様が話している最中なのに、
口を出してしまう営業マンもいます。

 

これでは売れるものも、売れなくなります。

 

「この人は人の話を聞かない人だな」

とお客様に思われると、
その後一切本音を話してくれなくなります。

人間は、
聞いてくれない人には、話さないのです。

 

 

「会話の中の沈黙が怖い」
そういう人営業マンは多いです。

沈黙を、拒否や拒絶、否定の合図と思ってしまうんですね。

 

しかし、沈黙は、恐れるものではありません。

会話の中のお客様の沈黙は、
考えている証拠。

その考えている最中に口を挟んでしまって台無しにしてしまうよりは、
じっとお客様の言葉を待ちましょう。

沈黙を大事にする営業マンは、
お客様から信頼されます。

関連記事

  1. 沈黙の意味とは?
  2. 売れる人と売れない人の差が大きく開く、3つの理由
  3. できる営業マンが使っているサイレントクロージングとは?
PAGE TOP