営業マンを売れなくしている思い込みとは?

営業マンのパフォーマンスを低くする原因の一つが、
「高いものは売れない」という思い込み。

安ければ安いほど売れる、
と思っている営業マンは
多いようです。

それゆえ、
一番安い商品を勧めたり、
安い値段で見積もりを出してしまいます。

 

しかし、それは大きな間違い。

世の中には、値段が高くても
買う人はたくさんいます。

現金の持ちあわせが無ければ、
カードや、誰かに借りてまで
商品を購入する人もいるぐらいなのです。

人間、本当に欲しいと思ったら
値段はほとんど関係無くなります。

 

クロージングの際、
「値段が高いから無理」
と金額を理由に断られたときは、

「あなた(の話)に、
お金を出す価値がまだ見出せない」

と言われているのです。

つまり、それはお金を出す以前の問題で、
あなたの説明やお客様との人間関係作りが
まずかった、ということです。

 

まずは、
「高いものは売れない」
「安いものほど売れる」
という考えを、変えましょう。

そして、
一番大切なのは、

「自分はこれだけのお金を受け取るに値する人間だ」

と思える自分になることです。

そう思えるように、
最高の自分を作ることです。

 

お客様はどんな人から商品を買いたいか?
どんな人と一緒に仕事をしたいか?

と言うと、

自分の仕事に自信を持っている、
プロ意識の高い人。

そういう人に払うお金は、
決して高いとは感じないものです。

 

自分のためにも、
お客様のためにも、
「安売り思考」は捨てましょう。

さて、質問です。

どんなことをすれば、
どんなことができれば、
「これだけのお金を貰って当然」
と思えるようになるでしょう?

そう思えるように、
今日からできることって、
何ですか?

安く売る努力より、
自分を高く、最高の状態に持って行ける方法を
考えませんか。

 

関連記事

  1. 営業を成功させるためにするべき努力とは?
  2. 営業で忘れてはいけない心構えとは?
  3. 断られることが恐怖に感じるときは?
  4. 松下幸之助が言う、商売の極意とは?
  5. 営業を経験しておくと良い理由とは?
  6. 断られない営業マンになるには?
  7. 営業とはそもそもどんな仕事か?
  8. 顧客から信頼される営業マンって?
PAGE TOP