売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ①

以前、私が営業マンとして会社勤めしていたとき、
20代半ばの女性営業マンがいました。

その女性営業マンは、
入社して2年くらい経っていましたが、
「何で会社にまだ残っていれるの?」
と周りから言われるくらい、
営業成績が悪かったんです。

勤務態度はいたって真面目。

ただ、
話していても、
あまり感情を表に出さず、
表現力が無い。
笑顔も少ない。
いつも表情が自信なさげで、暗い。

そんな子でした。

営業マンというのは、
売れなければ社内での立場は
どんどん悪くなり、
扱いも雑になってくるもの。

少なくとも以前勤めていた会社ではそうでした。

周囲から認められず、
お荷物扱いされ、
どんどん自信を失くしていく彼女。

私は、そんな彼女をとてもかわいそうに思いました。

「あんなにまで言われる彼女はかわいそうだ。
何とか売れるようにしてあげたい」

と思い、私はあることを実行しました。

関連記事

  1. 自尊感情
  2. 営業を成功させるためにするべき努力とは?
  3. 売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ③
  4. 松下幸之助が言う、商売の極意とは?
  5. 自分をほめよう
  6. 営業マンの自己イメージや価値を下げている口ぐせとは?
  7. 売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ②
  8. 顧客から信頼される営業マンって?
PAGE TOP