断られない営業マンになるには?

多くの営業マンは、断られないようにしようと、
トークを磨きます。

しかし、断られない営業マンになるために重要なのは
トークを磨くことではありません。

むしろ、営業マンは話せば話すほど
嫌われる可能性の方が高くなります。

断られないようにするには、
人間関係を作ることが大切です。

人間関係は、自分が話すことで作られるのではなく、
相手の話を聞くことで作られます。

人は、自分の話をたくさん聞いてもらうと、
聞いてもらった人に対して親近感が沸き、
無下にはできなくなるものです。

 

私の事務所にも多くの営業マンが来ますが、
名刺交換後、すぐに商品説明に入る営業マンは
とても断りやすいです。

「今すぐには考えられませんねえ」

「申し訳ないですが、予算が合わないので」

使い慣れた断り文句がすんなり出てきます。

 

一方、自分に興味を持ってくれて、
聞き上手な営業マンには
好感を持ちます。

なかなか無下には断れないものだし、
相手の営業マンの話もちゃんと聞こう、
となるものです。

断られない営業マンになるためには、
自分の話はいったん脇に。

まずは目の前のお客様に興味を持ち、
話を聞くことを心がけましょう。

関連記事

  1. 顧客から信頼される営業マンって?
  2. 営業を経験しておくと良い理由とは?
  3. 断られることが恐怖に感じるときは?
  4. 営業とはそもそもどんな仕事か?
  5. 経営者に聞いた好感のもてる営業マン、持てない営業マンとは?
  6. お客様との信頼関係を妨げるものとは?
  7. 松下幸之助が言う、商売の極意とは?
  8. 営業マンを売れなくしている思い込みとは?
PAGE TOP