自分をほめよう

昨日は、ライターと編集者と次回作の打ち合わせに行ってきました。

そこでも、谷口さんの「エチカの鏡」出演が話題になってました。

アシスタントの女の子が、

「とてもわかりやすくて、とっつきやすかった」

といってました。

日本人は、ほめたり感情を前面に出すことが苦手ですね。

どれだけ頑張っても

「まだまだ出来るだろ」

「あの人の方が頑張っている」

と叱られて、比べられて、

「自分はダメな人間だ」

と自己否定に入ってしまう人が多いようです。

「自分はすごい、出来る人間だ」と

自信過剰になるよりもいいじゃないかと

思われるかも知れません。

でも、いつも自分を誰かと比べ続けて

ダメ出しばかりしていたら、

やりたいことや夢を失っていきます。

自分が好きな人や尊敬する人から

ほめられるのは、

自分の存在意義を感じられます。

自分自身であることに、自信が持てて、

潜在能力が引き出されてきます。

多くの場合、叱られるよりほめられた方が伸びるのです。

でも、あんまり人は褒めてくれないですよね。

そこで、自分だけは自分をほめましょう。

◆自分でよくやった!と思ったら、

鏡を見て、自分自身をほめてあげましょう。

今日から自分だけは、

自分に対してのダメ出しをやめて、

自分のほめる部分を探しませんか?

関連記事

  1. 営業マンの自己イメージや価値を下げている口ぐせとは?
  2. 売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ②
  3. 売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ③
  4. 自尊感情
  5. 売れないと評判の女性営業マンが売れるようになったワケ①
PAGE TOP