他の営業マンに差をつける二つの力とは?

営業マンには、
「雑談力」が不可欠だと私は思っています。

プレゼンさえ完璧にできて、
その他の書類作成とかきっちりできていれば
それでじゅうぶんなんじゃないの?
と思う方もいるでしょう。

「雑談なんて無駄なこと」
と考える方もいるかもしれません。

でも、「雑談力」は
他の営業マンに大きく差をつける
大きな武器になるのです。

 

人は、雑談を通して
さまざまな情報のやり取りをします。

「この人はこんなことに関心があるんだ」

「この人はこんな風に考えるんだ」

「この人はこんな人だったんだ」

人は、相手と言葉を交わせば交わすほど
お互いを知れば知るほど
相手のことを好きになるという性質があります。

雑談は、人間関係を作ります。

同じような性能で、同じような値段の商品の場合、
商品の説明しかほとんど話していない営業マンと
雑談を多くかわした営業マンでは、
圧倒的に雑談を多くかわした営業マンが
有利です。

むしろ、雑談は
少しの値段や性能の壁だったら
超える力があります。

多少値段が高くても、
信頼できる営業マン、
人間関係ができている営業マンの商品を買ってあげたいと思うのが
人間の心理です。

特に、自分の話をよく聞いてくれた営業マンに対しては
親近感を持つものです。

話を聞いてもらえると、人は
「受け入れられている」
「自分を分かってくれている」と思うからです。

売れる営業マンになりたければ
「雑談力」そして「聞く力」を
身につけましょう。

関連記事

  1. 話がスムーズに進む雑談のコツとは?
  2. 営業は会う前から始まっている
  3. もう困らない!雑談の話題
  4. 相手の無意識を探る雑談ネタとは?
PAGE TOP