色の心理学

寒い日が続くと、
暖かさを感じさせる
赤やオレンジのものに惹かれます。

実際、赤と青で人が感じる温度差は
3℃もあるそうです。

色は、人の心に多大な影響を与えます。

大切なプレゼンテーションや商談の場で、
色の持つ影響力を使わない手はありません。

アメリカの大統領選で、

候補者が赤いネクタイをするのは有名な話です。

パっと目立つし、アピール力はすごくありますよね。

では、赤いネクタイが絶対かと言うと、

時と場合によって浮いてしまう可能性もあるので

一概には言えないところです。

オバマは青いネクタイで選挙に臨みましたしね。

堅実な印象をあたえたい時は、茶色やグレー。

活発で明るい印象をあたえたい時は、イエロー。

出来る男の印象をあたえたい時は、ブルー。
・・・

濃紺やダークグレーのスーツは、

落ち着いた、出来る人間を感じさせるそうです。

取り入れやすい色からはじめて、

自分が演出したい雰囲気を色で表現できる、

色のエキスパートになりたいものです。

関連記事

  1. どんどん後悔しましょう
  2. 超くだらない話の効果とは?
  3. 相手の無意識を探る雑談ネタとは?
  4. 売れる営業マンになるためには、意識レベルをチェックしよう
  5. 苦手な人は、あなたに必要な人
  6. 人生を変えたいなら?
  7. 「視覚化」をマスターして、営業トークに磨きをかけよう!
  8. カシオペアとアンカリング
PAGE TOP