ミスをしたときの対処方法

何度も見直したはずなのに、大事な個所が抜けていたり

ミーティングの時間を間違えていたり・・・

どんなに慎重な仕事をしたつもりでも、

必ずミスは起こります。

失敗したことのない人なんて、いないです。

私なんかミスだらけです(笑)

問題は、失敗した時の対処法です。

失敗した、失敗かもしれないと気付いたら、

すぐ上司に報告した方が賢明です。

誰にも知られていないからと、

自分ひとりで対処しようとしたり

これだけ一生懸命やってきたのだから、

こんなミス1つ位と自分の判断で無視したりしも出来るでしょう。

でも、人に頼りたくない、とか、

隠し通そうとして、

私も痛い目に遭ったことがあります。

取り返しのつかない事態に発展し、

余計大勢の人に迷惑をかけてしまった経験があります。

特にお客様への連絡ミスや内容違いは、迅速に対応する必要があります。
まずは何が起きてどういう対処が必要なのかを上司と相談しましょう。
言い訳したい気持ちは分かりますが、ここでは事実関係だけ簡潔に話し、
事態を先に収拾した方が、誠実に映ります。

その後、なぜ失敗してしまったのかを自分なりに考えてみましょう。

次回から確認のメールを2回入れようとか

ミスを事前に防ぐための対応策を考えましょう。

◆あなたの成長は、失敗した後の対応しだいかもしれません。

関連記事

  1. トップ営業マンのアプローチの秘術
  2. 営業マンは人の心を動かす接続詞を使え
  3. 接待について
  4. 人間関係達人の技
  5. 聞き方の達人の技とは?
  6. 相手への優しさや尊重する想いを形にしよう
  7. 好かれる上司嫌われる上司
  8. 私がその賃貸業者を選んだ理由とは?
PAGE TOP