営業マンがするべき〇〇な話とは?

売れない営業マンの特徴として、
「自分の話をしない」ということが
挙げられます。

お客様は、
素晴らしい知識を持った営業マンや
プレゼンのうまい営業マンを求めているのではありません。

「信頼できる営業マン」を求めています。

お客様と人間関係を作るには、
商品の話や、会社の話だけではなく、
「プライベートの話」が重要なのです。

会うなり、
商品の良さをアピールされたり、
営業に関する情報収集と思われるような質問を
投げかけられるより、

「昨日は、お休みをいただいて、
家族で温泉旅行に行ってきました…。
たまには家族サービスもいいものですね」

「昨日のサッカーの試合は、燃えましたね~。
私、実は高校のときサッカー部だったんです。
補欠でしたけどね」

このようにプライベートな雑談をしてくれる営業マンのほうが、
私は好感を持ちます。

「自分のことも話してみようかな」
という気になるものです。

 

営業においても、
雑談は必須です。

特に、プライベートの話題は、
相手との心の距離を縮めるのに
役立ちます。

重い話題や自慢話はなるべく避け、
好感を持ってもらえるような
「自己開示」をしていきましょう。

お客様が自分の話をしてくれるようになったら、
相槌を打って、話をしっかり聞きましょう。

そうすることで、
「この人と話していると居心地がいいな」
「この人は信頼できそうだな」
と思ってもらうことができます。

その後の商談にも、
きっと良い影響を与えてくれますよ。

関連記事

  1. お客様との関係を深めるために言っておくべきこととは?
  2. より説得力が増す第三者引用とは?
  3. クローズド・クエスチョンはこんなときに使おう
  4. 嫌われる質問の仕方とは?
  5. 観察力を磨こう
  6. 電話営業の成功のコツとは?
  7. 営業マンが特に気をつけるべきペーシングのポイントとは?
  8. お客様の断り文句への対処法って?
PAGE TOP