話がスムーズに進む雑談のコツとは?

うちにもよくセールスマンが来ますが、
あっさり簡単に断ることができるタイプの営業マンと、
あんまり興味無い商品でも、断りにくいなあ、
検討してみようかなあとなってしまう営業マンがいます。

「ほとんど雑談なし」「ラポールなし」の営業マンの場合、
断るのも気兼ねなくできてしまうのです。

営業マンで雑談しない人が非常に多いですが、
損をしてますね。

また、お客の立場になると、
一方的に営業マンの話を聞いていることほど
つらいことはありません。

営業マンはお客さんにたくさん質問をし、
たくさんしゃべってもらうことが必要です。

 

といっても、
雑談をしようとして話が盛り上がらないときや、
なかなか相手が口を割って話してくれないときは、
どうしたらいいか?

そんな時は、自分から「自分の話」をしてみましょう。

雑談でも相手の話を聞くのは大切です。
ですが、まったく自分の話をせずに相手の情報を得ようとすると、
尋問になりかねません。

 

人は、人から何かを与えられると
お返しをしたくなるという心理が働きます。

これを心理学で「返報性の法則」と言います。

会話も同じです。

自分から先に自己開示をしてから、
相手に質問をする。

これで大分話が滑らかになるはずです。

(例)

「私は青森県出身なんですが、
〇〇さんはどちらのご出身ですか?」

「私は結婚して18年なんですが、
〇〇さんはご結婚されてどれくらい経つんですか?」

このように「自己開示+質問」をしていくと、
相手はストレスなく答えることができます。
共通点も見つけやすくなります。

質問ばかりでは、
相手に尋問されているかのようなプレッシャーを与えてしまうし、
自分の話ばかりしていても相手は不快に思うだけ。

組みあわせて使うことで、
うまく相手とコミュニケーションが取れるようになります。

関連記事

  1. 長年の友人のような関係を作る会話テクニックとは?
  2. 営業マンは人の心を動かす接続詞を使え
  3. 周りに協力してもらえる方法とは?
  4. 何でも否定や反対で返していませんか?
  5. ミスをしたときの対処方法
  6. 人間関係達人の技
  7. もう困らない!雑談の話題
  8. モテるコツとは?
PAGE TOP