5W1Hの使い方

多くの質問は5W1H(what、why、who、when、where、how)のいずれかを使って行われています。
5W1Hのどれを使うかによって,
話を拡大するか、さらに具体的にするのかに分けられます。
拡大する質問とは、
What(何、どんな)
why(なぜ、どうして)
how(どうやって)
これらを使うオープンクエスチョンです。
具体的には次のような質問になります。
「どうして今の仕事に就かれたんですか?」
「この商品に興味を持たれたのはどんな部分だったんですか?」
◆具体的な質問
who(誰)
when(いつ)
where(どこで)
これらを使うオープンクエスチョンは、具体的なことを聞く質問になります。
「いつ頃から興味をお持ちだったんですか?」
「どこで、この商品を知りましたか?」
この質問は、
時間(when)や場所(where)と、
答えをいくつかある中から選択することになります。
選択肢が少ない方が、親しくない間柄でも答えやすいです。
ですが会話の盛り上がりは期待できません。
これから親しくなっていきたいと思っている人には
徐々に選択肢が多くなる質問をすると自然と親しくなれます。

関連記事

  1. できる営業マンはが大切にしている〇〇とは?
  2. お客様との話を盛り上げる質問とは?
  3. お客様の断り文句への対処法って?
  4. 話を途切れさせないようにするには?
  5. より説得力が増す第三者引用とは?
  6. 営業マンが特に気をつけるべきペーシングのポイントとは?
  7. 「いまいちその気にならない」という断り文句を言われたときは?
  8. 嫌われる質問の仕方とは?
PAGE TOP