営業マンは人の心を動かす接続詞を使え

営業マンは、
お客様の反論に対して
反撃をしてはいけません。

それではせっかく築いた人間関係も
崩れてしまうという話を
昨日のブログに書きました。

 

「その商品は高すぎるねえ~!」

「いや、これはですね…」

このように「いや」「でも」「しかし」等の接続詞を使うと
相手の心に無意識レベルでブロックができてしまいます。

その後、どんなに説得力のあることを言っていても
お客様の心にはまったく響きません。

 

では、どのようにすればいいのでしょう?

 

まずは、意に沿わない事を言われたら、
相手の言葉を繰り返す。

「そうですよね。高いですよね」

このように、まずは共感するのです。

 

その後に、

「と こ ろ で 、
この商品は最高の部品を使用していて、
耐久性が従来のものと比べて2倍になります。
だから、コストを考えると、
みなさん安いくらいだとおっしゃってくださるんです」

 

「そうなんですね+ところで」というパターンは、
「YES・BUT法」に対して、
「YES・AND法」と呼んでいます。

また、「だから」という接続詞を使うことで、
自分の主張にきちんとした理由があるように伝わります。

「そうですね、ところで~」

「そうですね、だから~」

このパターンは、
反論したくなった時の必須アイテムです。

否定をすると、
どんなに自分が正しいことを言っても、
聞き入れてもらえなくなります。

 

自分の意見を、
すんなりと受け入れてくれやすいようにするには、
接続詞ひとつの使い方しだいで変わります。

 

心理学の実験で、
コピーで並んでいる人に割り込みをお願いするときに、

1,「コピーを先にさせてください」
2,「急いでいるので、コピーを先にさせてください」
3,「コピーをしなければならないです。だからコピーを先にさせてください」

2と3のように、
「だから」と同じく、「~ので」を入れるだけで、
譲ってくれる人が3倍増えたという結果があります。

3のように、正当な理由とは思えない内容でも、
接続詞を変えるだけで承諾率が激増したというのです。

接続詞の使い方だけで
相手への説得力が増したり、
相手に引き受けてもらえるなら
使わない手はないですね。

関連記事

  1. 好かれる上司嫌われる上司
  2. 聞き方の達人の技とは?
  3. 話がスムーズに進む雑談のコツとは?
  4. 接待について
  5. 私がその賃貸業者を選んだ理由とは?
  6. 反対意見や批判を味方につけるコツ
  7. 相手への優しさや尊重する想いを形にしよう
  8. ミスをしたときの対処方法
PAGE TOP